野菜スムージーはダイエットに最適でした!

日に日に体重が増え続け、食事制限、運動といろいろダイエットを試してみましたが、どれもイマイチ効果がでず、そんな時嫁に進められたのがグリーンスムージーでした。
グリーンスムージ自体全く知らなかった私は、嫁が作ってくれたものを見てまずびっくりしました。
その名の通り、緑色の液体だったからです。中身を聞くとほうれんそうやら小松菜やらフルーツやら。
もともと青野菜があまり得意では私としてはなかなか勇気のいる第一歩でしたが、飲んでみるとこれが意外と飲めるんです。フルーツが効いているせいだと思いますが、いわゆる青臭さがフルーツでごまかされて飲みやすく、それでいて腹持ちがいいことに驚きました。
それからとりあえず毎朝一杯飲み始め、少しずつ飲む量を増やし、レシピもほうれん草ベースから小松菜、レタス、水菜ベースなどをローテーションで使い分け、そこにりんごやらバナナやらをいれて飲み続けました。
そして飲み続けること2ヶ月。他に特別何もやらずに8キロのダイエットに成功しました。
またダイエットだけでなく体調もよくなり、その勢いで禁煙まで成功しました。
もう少し体重を落としたいので、まだしばらくは飲み続けようかと思います。

最近では、グリーンスムージーという言葉をよく聞くようになり、健康に良いということでテレビや雑誌でもよく取り上げられ、芸能界でも毎日グリーンスムージーを飲んでいる方も多いようだ。

ふと思い返すと、私は子供のころからグリーンスムージーを飲んでいた。
母が毎朝、ほうれん草・ゴーヤー・バナナ・リンゴ・ヨーグルトなどをミキサーにかけ、体に良いから飲みなさいと学校に行く前に飲まされた。正直、色が悪く、不味かった。
しかし、飲んだ日と飲まない日では確かに体調に違いが出て、気持ちの持ちようかもしれないが、飲んだ日はお腹がスッキリして貧血になることもなく快便だった。
グリーンスムージーという言葉を聞くようになり調べてみると、ハチミツやモモなどを入れて味にもこだわっているようだ。
冷蔵庫にある余った緑の野菜などお手軽で安い材料を切って、ミキサーに任せれば簡単に作れるし、快調を感じられ味も美味しいのなら、プラスなことばかりで人気が出るのもよく分かる。
是非やってみてはいかがでしょうか。
様々なダイエット効果があると言われているグリーンスムージーは色々な方法で作られている。基本的には生野菜と果物を葉の塊が無くなるまでミキサーにかけ、水に混ぜてドリンクとして飲まれる。グリーンスムージーで使われている主な野菜はほうれん草や水菜、トマトやきゅうりで、果物はりんごや梨等である。

ここで注意しなければならないのは、味がおいしくないからと言って牛乳やヨーグルトと混ぜ合わせるのは避けた方がよい。たんぱく質は吸収されにくいため、効果が減ってしまうかもしれない。また、グリーンスムージーの初心者はいきなりほうれん草を取り入れると苦味がきつく飲めない恐れがあるため水菜あたりから始めた方がよい。

グリーンスムージーと上手に付き合っていけば良いダイエットになるだろう。